前へ
次へ

賃貸の不動産物件の審査基準とマナー

賃貸の不動産物件に入居するなら、審査も受ける事になります。
その審査基準の1つは、本人の印象です。
あまり印象が良くないと、物件に入居できなくなる可能性もありますから、注意が必要です。
物件に入居する時には、必ずと言って良いほど不動産会社の担当者と対面しますが、その時のマナーも見られている訳です。
やや極端な例ですが、対面する時に机に足を投げ出すような人物ですと、審査で落とされてしまう可能性があります。
さすがにそれは極端ですが、あまりマナーが良くないと入居できない事は実際あります。
ちなみにマナーが良いと、賃貸の家賃が優遇される可能性もあります。
担当者と対面する時には、家賃の値下げ交渉が行われる事もよくあります。
その交渉が成功するかどうかは、やはり印象に左右される一面はあります。
マナーが良くない人物であると判断されてしまうと、交渉が失敗してしまう可能性が大いにあります。
印象が良ければ、礼金をゼロ円にしてくれる可能性もありますし、マナーは大切です。

Page Top